FC2ブログ

妹が車に轢かれてた瀕死の猫を抱いて帰って来た

まじきちシステムズ
501: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/20 23:58:33 ID:6lKFAe54
寒くなると思い出す。ちょっとグロ注意。
数年前のとある夕方、庭の方から兄の凄い悲鳴が聞こえた。
キャアーとギャアーが混じったような。
急いで両親と出て見ると、一番下の妹(当時高校生)が制服姿で立っていた。
見知らぬ大きな猫を抱っこしていた。しかも、
前足の関節がおかしい方向にねじ曲がり、首がぐだんぐだんしていて、
腹から血を流しながら白目を剥いている。
妹がカーディガンでくるんであげていたが、それも血染め。ここで父もウワアアア。
母と妹だけが「どうしたのこの子?」「さっき車に轢かれてた」
と冷静だった。その後、アワアワする男共をさしおいて母と妹は迅速に動物病院へ。
何日間かに分かれた手術と長い入院を経て、最終的にうちの飼い猫になった。
未だに前足の片側だけ不自由で、お腹の毛もぽわぽわしか生えてないが、
性格がとてもいい猫でみんなから可愛がられている。
しかし、あの時は血の苦手だった兄や父も修羅場だっただろうし、
俺はそれよりも血まみれになりながらうつろな目で暗闇に佇んでいる妹が
ホラーよりも何よりもずっとずっと怖かったので俺の中では最大の修羅場。


502: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/21 00:47:49 ID:QKQf8zPH
間違いなく、修羅場だったのは猫本人だろうけど
よく助かったね。
そして大人でも悲鳴を上げるレベルの惨事の中
よく妹さんは助けた。
このスレじゃなくて、武勇伝スレに書き込みたいぐらいだ。

504: 501 2012/11/21 02:57:27 ID:FLWtikkk

>>502




確かに猫本人が最大の修羅場ですね……
怪我と悪かったところは全部処置してもらいました。
入院中もスタッフさんのアイドルになったりと、とても人好きなようです。
妹も普段は自分の話をあまりせず、不思議ちゃん扱いしてたけど
躊躇なくあの行動をとってくれたことを誇らしく思ってます。
母も妹のしたことをすぐにしっかりフォローしてたから、
ああ母親って子供をよく分かってんだなと痛感した日でもあります。
505: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/21 07:33:07 ID:lGNYjEJV
親御さんもすごいなあ
その状態の猫を助けるとしたら中古車一台をゆうに買える位かかる

506: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/21 07:53:03 ID:mJmMdsAS
自分のペットでも助けるかどうか悩むな。
…だから俺はペットは飼わない。

507: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/21 09:01:13 ID:YkD57Ps1

>>501 冷静な妹さんと御家族との落差が可笑しい修羅場だ
血みどろなのにw
猫は優しい家族に拾われて幸せモノだな
>>505 激しく同意。あらかじめ動物の医療保険に入っていても
打撃ハンパないもの

509: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/23 01:09:19 ID:eqegHMNn
猫で思い出した
夜の9時くらいに姉が目も開いてない子猫拾ってきたことがある
元気に鳴いてたし家族一同動物好きなんで飼うのは問題なかったんだがこの猫が身体弱くて
次の日病院行けば生後3日くらいといわれノミだらけだと判明(家族全員食われた)
ミルク飲んでもすぐ力尽きるしお腹下しやすいし
目が開いてひと安心かと思ったら急に元気がなくなるわ風邪ひくわ
病院で冷やしたんじゃないかと言われ真夏にホッカイロ買いに行くも田舎なのでなかなか売ってないわ
離乳完了したら今度は食道が軽い奇形で特定のフード以外吐く
このフードがまた高い上に長生きできるが怪しいと言われた
成長と共に治る可能性が五分五分と言われた

510: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/23 01:10:24 ID:eqegHMNn
結局治って今年で10才になるが拾って最初の一年は家族で修羅場だった
しかも気性が荒いので噛まれるわ引っ掛かれるのがやたら多い
医者にまで「これは凄いですね…」と言われる始末
姉は嫁に行ったが里帰りすると未だに「もう少し大人しいの拾ってくれば良かったのに」と言われている
飼ってればやっぱり可愛いけどね

511: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/23 02:52:36 ID:g0d747qa
うちの猫は保護してから半年はとんでもなかったな。避妊手術した日に「私達では手に負えないので今すぐ引き取りに来てください」って動物病院の人達に言われたぐらいだ。今では別の猫じゃない?ってぐらい人懐っこくなったが

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £37


関連記事
スポンサーサイト


コメントの投稿
非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: