FC2ブログ

義母の介護してるんだが、嫁いびりが止まらず近所に虐められてるアピールが凄い

まじきちシステムズ
547: 名無しさん@おーぷん 2014/10/27(月)08:42:43 ID:DC2yF17cx

ひどい書き方になるけど、今夫の母親の介護をしてるんだけど、老人性の鬱と摂食障害
軽い痴呆とトリプルパンチな感じなんだけど、この摂食障害ってのが本当にひどい。
食事中に、口の中に入れたものを口に指を入れて掻きだしてみたり、えずきながら
皿や茶碗に口の中のものを出してみたりと本当に気持ち悪くて食事を一緒に取るなんてできない。
そんな状態なのに、夫には、食事がのどを通らなくて食べられないとか言う。
夫は、私や子供にいっしょに食事をとってやれば、にぎやかで食も進むというが、
子供は気持ち悪がって義母のそばにも行きたがらないし、毎日家の中が酸っぱい変なにおいがすると言って、
学校からなかなか帰ってこなくなってしまった。


もう我慢できないので、実家に子供を連れて帰ることにしたんだけど、
荷物を積み込んでたら、私に縋り付いてきて、〇〇さん(私のこと)私を見捨てないで~。
何でも言うことを聞くから~。と普段は声が出ないと言って、話をするのも苦労するのに、
ご近所中から人が出てくるくらいの大声をあげられた。
なんかもうどうでもよくなって私もご近所の人に聞こえるように、
食事中にみんなが見てる前で口の中に指を突っ込んでこれ見よがしにげろったり、
わざとお手洗いに行かずに、下の世話をさせたりするような嫌がらせをするような人と一緒に住めません。
あなたの息子ですらあなたのやってることが気持ち悪くて家に帰ってこないのに、私と子供たちが我慢できる
はずがないでしょう。私たちは出ていきますとあなたの息子には連絡をしていますから、
今後は2人仲良くやってください。
と言って実家に帰ってきた。
車で1時間、電車で2時間の距離なんだけど、さっき家のインターホンが鳴ったので、出てみたら
義母だった。また近所中に聞こえるような大声で、〇〇さ~ん、許してくださ~い。
お願いだから帰ってきてくださ~い。てわめいてる。
歩けないとか私は病気だからとか言って、私にすべてのことをさせてたというのに、
この行動力と元気さにはびっくりする。全然ぼけてないじゃないか。
夫には今からタクシーで、勤務先に送るから、会社の前で待ってろと言って送り返した。
この婆が生きている限り離婚以外ないと思う。
病気だ病気だと言って弱ってるふりをして、電車とかにのって実家にまで大騒ぎをしに来る
神経が理解できない。
ホントびっくるするほどの行動力だわ。





551: 名無しさん@おーぷん 2014/10/27(月)09:22:14 ID:R5WuHHzjl

>>547
本当にお疲れ様です。
周りの人の中には547を責める人もいるかもしれないけど、
そんな生活続けてたら547の精神が病気になっちゃうよね。
いい方向に落ち着くといいね。

552: 名無しさん@おーぷん 2014/10/27(月)09:48:08 ID:2MiOR3YQX

>>547
そんなことされても余計に逃げるだけだよね
そういう意味でボケてはいるんじゃない?
嫌がらせすれば従う、嫁は耐えるって思ってるんだろね
今どきの嫁はさっさと逃げるってのw

554: 名無しさん@おーぷん 2014/10/27(月)09:57:47 ID:DC2yF17cx

>>551>>552
本当に違う意味ではぼけてるのかもね。
多分同居したいあまりに病気のふりをして、嫁が困ったり苦しんだりしてるのを見て楽しんでるんだろうけど、
同居したら、孫も自分の息子も嫌になるってわかってないんだよね。
まあ息子には扶養義務があるから逃げられることはないだろうけど、
嫁は離婚したら他人だし、そんなとこに孫を置いて嫁だけが出ていくなんてあるわけないのにね。
正直義母を施設に入れる以外に私にも子供たちにも選択肢はないと思う。
普通にしてれば、仲が悪いながらもなんとか同居でやっていけたけど、
子供たちが義母との食事や接触を心底いやになってしまった今となっては、
私の努力や許しでどうこうなる問題ではなくなってしまった。
夫にも何度も状況を説明したけど、義母をいさめるでもなく、家族で話し合いを持つでもなく、
ただ会社からなかなか帰ってこなくなるっていうね。
食事も自分は義母ととるのを嫌がって、仕事を理由に時間を変えて一人で食べたりと、
実際子供たちは義母のことも嫌がってるけど、父親のことも敵認定してると思う。

引用元: ・その神経が分からん!その3




関連記事
スポンサーサイト


コメントの投稿
非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: